コロ・ミルク色の四角いルーサイトネックレス

n33598

5,500円(税込)

購入数

コロ・ペガサス製、1950年代に販売されていたスクウェアー型のとろりとしたミルク色ルーサイトを並べたネックレスです。
ヴィンテージの良さが感じられるレトロモダンなミッドセンチュリースタイルのデザインが魅力的、同じパターンを繰り返すゴールドとホワイトのカラーコンビネーションとシンプルなフォルムはコーディネートにも合わせやすく、普段の装いをお洒落にスタイルアップさせます。色違いのピンクはコロ・ペガサス社の広告に掲載されていた当時の一押し商品のひとつでした。ルーサイトの大きさは12mm×12mm、厚さ5mm、ネックレスの長さは約34僂ら43僂隆屬把汗芦椎宗⊇鼎48,8g、コンディションは使用感があり、また裏側のパーツの接続部分のメッキに経年感、接着剤に変色がみられますがいずれも表側には大きくは影響していません、それをふまえればヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。裏にペガサスとCOROの刻印があります。


Coro (コロ)

米国有数のジュエリーメーカーとて隆盛を極め一時代を築き上げたコロは、1901年にニューヨークでEmanuel Cohn氏とCarl Rosenberger氏によりCohn & Rosenbergerとして創業し1943年に創立者の頭文字をとり会社名を正式にCOROと変更しました。1924年にAdolph Katz氏がデザインディレクターに就任するとさらなる飛躍が始まり、彼が手掛けた作品は現在でもコレクターズアイテムとして高く評価されています。コロ社のブランドはコロの他にコロクラフト、コロぺガサス、コロスターリング、コロデュエット、ヴァンドーム、フランソワなどがあります。