1959年にサラ・コベントリーから販売された「ウィンドソング・風の歌」というタイトルの銀色リーフのブレスレットとイヤリングのセットです。
曲線の模様が描かれたいぶし銀色のリーフと、円錐形のポイントが付いた枠のみのリーフを連ねた独特な存在感があるひと品、ミッドセンチュリースタイルの素朴な雰囲気も魅力のひとつ、ボヘミアンな装いやカジュアルコーディの手元を印象的に演出します。ブレスレットの長さは約19僉幅約21mm、重さ32,9g、イヤリングの大きさは約38mm×23mm重さ8,9g、コンディションはイヤリングのパットに変色があり、その他多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてはご使用には差し支えがない程度です。イヤリングブレスレットともに裏にSARAH COVの刻印があり、イヤリングには金具に対してのデザイン特許PAT.PENDの刻印があります。


Sarah Coventry (サラ・コヴェントリー)

サラ・コヴェントリーはEmmonsの創業者でもあるCharles Stuartの孫娘Sarah Ann Coventryの名前をとり1949年にCharles H. Stuart Co.としてニューヨークで創業、ホームパーティーなどに出向き直接商品を販売し事業を広げ成功を収めましたが時代の波には勝てず1984年に営業を終了、1987年に会社は買収されました。