カドロ・デコラティブな金色の小鳥のクリスマスツリーブローチ

920018

カドロ社製、金色の小鳥が9羽集まってツリーを作っているアーティスティックなデザインのクリスマスブローチです。
ヨーロッパに古くからあるクリスマスキャロルでマザーグースにも載っている「The Twelve Days of Christmas・クリスマスの12日」は一日ごとに贈り物が増える楽しいクリスマスソング、梨とパートリッジは一日目の贈り物です。「The first day of Christmas, My true love sent to me, A partridge in a pear tree.」気品漂う唯一無二の存在感と発想の良さは、さすがカドロという逸品です。緑の雫型ビーズは梨をイメージしていると思われます。全体の大きさは65mm×45mm、重さ15,7g、繊細な細工の小鳥一羽のサイズは21mm×19mmコンディションはほぼ未使用と思われヴィンテージとしては良好です。裏にCADOROの刻印があります。


Cadoro (カドロ)

1950年代にルーマニアのロイヤルファミリーの末裔のDan Steneslieuと、俳優のSteven Brodyによってニューヨークで創業しました。アート、冒険、旅行を愛する二人は、旧世紀のロシアやルーマニアのデザインから影響を受けた、すばらしい作品を作り出しました。1970年前後にデザイナーのDanが亡くなり会社は1980年代に営業を終了しました。市場に出回っている数が少なく入手が難しいブランドの一つです。