カドロ製、梨とパートリッジ(ヤマウズラ)のずっと眺めていたくなるほど美しいクリスマスツリーのブローチです。
金色の縁どりがあるエナメル仕上げのリーフの上に2個の黄色い梨とラインストーンで飾られた鳥が羽ばたいている立体感があるデザイン、細部にまで散りばめたこだわりがカドロらしい他社と一線を画した唯一無二の存在感を放っています。かずあるクリスマスブローチの中でもカドロのクリスマスブローチは心をひきつけてやみません。梨と鳥はヨーロッパに古くからあるクリスマスキャロルでマザーグースの「The Twelve Days of Christmas・クリスマスの12日」は一日ごとに贈り物が増える楽しいのクリスマスソングで梨とパートリッジは一日目の贈り物です。「The first day of Christmas, My true love sent to me, A partridge in a pear tree.」ブローチの大きさは48mm×60mm、重さ31,7g、未使用のデットストック品のため貴重なオリジナルタグ付き、コンディションは近くで見るとエナメルに多少気泡がある部分がありますが、これは制作当時からのもの、その他多少の経年感はありますがヴィンテージのエナメルアイテムとしては良好です。裏にCADOROの刻印があります。コレクターにもお勧めできる逸品です。


Cadoro (カドロ)

1950年代にルーマニアのロイヤルファミリーの末裔のDan Steneslieuと、俳優のSteven Brodyによってニューヨークで創業しました。アート、冒険、旅行を愛する二人は、旧世紀のロシアやルーマニアのデザインから影響を受けた、すばらしい作品を作り出しました。1970年前後にデザイナーのDanが亡くなり会社は1980年代に営業を終了しました。市場に出回っている数が少なく入手が難しいブランドの一つです。