サラ・コベントリー製、1962年に「アンティーク・ガーデン」という名前で販売されたシルバーカラーのイヤリングです。
小さなスクウェアーのガーデンの中にはお花が咲き誇り神秘的な雰囲気が漂う秘密の花園のよう、大きめなサイズと独創的なクリエーションが魅力のひとつ、細部にまで散りばめたこだわりが感じられるアイテムは耳元で存在感を放ちます。イヤリングの大きさは約28mm×35mm、重さ14,7g、コンディションは近くで見るとエッジにメッキのロスがある部分とイヤリング金具の白いストッパーに経年感がありますが外観には影響はありません。その他多少の経年感はありますがほヴィンテージとしてのご使用には差し支えがありません。裏にSARAH COVの刻印とイヤリングクリップに対するデザイン特許PAT.PEND.の刻印があります。


Sarah Coventry (サラ・コヴェントリー)

サラ・コヴェントリーはEmmonsの創業者でもあるCharles Stuartの孫娘Sarah Ann Coventryの名前をとり1949年にCharles H. Stuart Co.としてニューヨークで創業、ホームパーティーなどに出向き直接商品を販売し事業を広げ成功を収めましたが時代の波には勝てず1984年に営業を終了、1987年に会社は買収されました。