トリファリ製、小さな銀色のハナミズキのネックレスです。
トリファリの人気アイテムのひとつハナミズキのネックレスはゴールドとシルバーが販売され各々花のサイズが大小二種類あり、こちらは大きなサイズより市場に出回っている数が少ない小さなタイプになります。プティサイズながら他のハナミズキのアイテムと同様に丁寧な細工がほどこされている魅力的なアイテムはシーンやコーディネイトは選ばず胸元をフェミニンに演出します。ハナミズキの大きさは直径約13mm、ネックレスの長さ38cm、重さ4,0g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしては良好、花の裏側にTRIFARIの刻印、エンド部分にトリファリのロゴの小さなチャームがついています。


Trifari (トリファリ)

トリファリは1918年にグスタボ・トリファリ氏とレオ・クラウスマン氏によりTrifari and Krussman Companyとして創業、1925年にカール・フィシェル氏が加わり会社名をTrifari Krussman and Fishel に変更しました。1930年から68年までは高級有名宝飾店ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたアルフレッド・フィリップ氏がヘッドデザイナーとして活躍、クオリティーの高い作品を生み出し、アメリカでも有数のメーカーに成長しました。優美な曲線を多用した上品でエレガントなデザインは現在でも変わらない魅力で輝いています。