ジュディー・リー製、洗練された雰囲気が魅力的なミルクガラスのラインストーンを使ったモードなイヤリングです。
センターをミルクガラスのカボションとラインストーンで立体的に飾り、ジュディー・リーの作品に多用されている細長いラインストーンは繊細さとエレガントな品の良さを演出しています。適度なボリューム感がリッチ&ゴージャスな印象を添えクラス感のある美しさを耳もとで醸し出します。イヤリングの大きさは直径約35mm、重さ各9,4g、ラインストーンはすべて爪止め仕上げ、コンディションは多少の経年感がありますが、ほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。金具にJudy Leeの刻印、クリップの付根に金具に対してのデザイン特許の刻印PAT.PEND.が入っています。


Judy Lee (ジュディー・リー)

ジュディー・リーは1949年にシカゴでBlanche と夫のAldo Vianoにより創業し、ホームパーティースタイルで販売していました。またミス カリフォルニアのビューティーコンテストのオフィシャルジュエラーになったことにより、各地で開催されたビューティーコンテストの美女達を飾り「Judy Leeはアメリカ一番の美女に認められたジュエリー」というキャッチフレーズでプロモーションし、人気を得ましたが、1980年代に営業を終了しました。