クレメンツ製、三輪の小さな勿忘草(ワスレナグサ)とリーフのブローチです。
中央にパールを配したワスレナグサはその可憐なフォルムと薄いブルーの色合いが魅力的、繊細な細工をほどこしたゴールドの枠もお花のお可愛らしさを強調し、手に取ってずっと眺めていたくなるような愛らしいひと品です。花の大きさは直径約7mm、全体の大きさは約32mm×27mm、重さ3,8g、コンディションはお花に一か所ちいさなペイントロスがありますが近くで見ないとわからない程度、その他多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えがありません。ブローチピン部分に小さくKREMENTZの刻印があります。


Krementz (クレメンツ)

クレメンツはGeorge Krementzにより紳士用アクセサリー(カフスボタン、ネクタイピン等)の会社として1866年に創業、その後婦人用アクセサリーに進出し、14金鍍金を施したトラディッショナルでエレガントな作風で成功を収めました。会社は1997年に別会社に売られ創業者一族はRichard Krementz Gemstonesを設立しましたが社長のリチャードが2012年に亡くなりクレメンツファミリーは150年近く続いたアクセサリービジネスを終了しました。