クレメンツ製、プティサイズのロマンチックな薔薇の花とリーフのイヤリングです。
イノセントなムードを醸し出している薔薇の花は小さめなサイズと細部まで丁寧に作られているディテールが魅力的、耳元にボタニカルモチーフの優しさとフェミニンな印象を添えます。また薔薇の花はクレメンツの作品で繰り返し使われているアイテムのため、お手持ちのクレメンツのブローチにもマッチします。直径は11mm、イヤリング全体の大きさは約12mm×22mm、重さ各1,7g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。イヤリング金具の横に小さくKREMENTZの刻印が入っています。


Krementz (クレメンツ)

クレメンツはGeorge Krementzにより紳士用アクセサリー(カフスボタン、ネクタイピン等)の会社として1866年に創業、その後婦人用アクセサリーに進出し、14金鍍金を施したトラディッショナルでエレガントな作風で成功を収めました。会社は1997年に別会社に売られ創業者一族はRichard Krementz Gemstonesを設立しましたが社長のリチャードが2012年に亡くなりクレメンツファミリーは150年近く続いたアクセサリービジネスを終了しました。