フランス製金色の枠の中に配されたアイボリーのようなセルロイド製の熊の親子のシーンブローチです。
森の中で小熊が母熊に何か話しかけているようなリラクシングなひと品、可愛さの表現もよく描かれ眺めているだけで幸せ気分を運んでくる小さな絵画のようなブローチです。大きさは約34mm×4mm、重さ3,8g、シーンブローチはどれも繊細な作りのため経年や使用によるダメージがあるものも多くありますがコンディションはほぼ未使用と思われ、ヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度だと思います。裏にDEPOSE FRANCEの刻印が入っています。
セルロイド製のシーンブローチは1920年代から30年代にかけてフランスで製作されていたスタイルで、裏にカバーはされていないので洋服の色がブローチに反映しいろいろな背景を楽しむことが出来ます。またブローチピンの受けの部分はチューブを引いて着脱するスタイルになっています。この様式のクラスプは1850年ごろから第二次世界大戦の後まで主にヨーロッパで多く使用されていました