スワボダ製、青い鳥と巣のブローチです。
木の枝に巣を作った小鳥が三個の卵を見守っているかのような愛らしいデザインは見ているだけでリラクシングな気分に浸れます。リーフにはターコイズを配しブルー系の晴れやかな色彩も魅力のひとつです。ブローチの大きさは36mm×32mm、重さ8,9g、コンディションは残念ながら尾が折れていますが、全体的な印象は変わらないと思います。そのためセールプライスになっています。その他多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてはご使用には差し支えがない程度だと思います。なおこのブローチにはSWOBODAの刻印はありません。


Swoboda (スワボダ)

ロサンゼルスで1956年にEdward Swoboda氏により設立されたスワボダのデザインはヴィクトリアンやオリエンタルの影響を受け、コスチュームジュエリーメーカーには珍しい半貴石を使って作られています。Edwardは1979年に引退し、Nate Waxman氏により運営されています。1966年以前の作品には刻印は入っていません。