サラコヴェントリー・ビジュースタイルのシャングリラリング

r11085

3,960円(税込)

購入数

サラ・コヴェントリー製、1973年に「シャングリラ」というタイトルで販売されていたリングです。
センターをドーム状に盛り上げたドットの模様がほどこされたオーバル型のリングはターコイズの色の珠、アメジストのようなパープルとダイヤのようなクリアカラーのラインストーンで飾られシャングリラ・桃源郷というタイトルのようにどこかオリエンタルなテイストが漂うビジュースタイルのデザインが素敵、指を長く美しく演出する縦長のフォルムも魅力のひとつです。センター部分の大きさは約18mm×23mm、高さ約10mm、リングバンドの幅は3mm、重さは11,0g、リングサイズはフリーで写真のサイズは約14号で調整しています。コンディションは多少の経年感はありますがヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。裏にSARAHCOVの刻印が入っています。


Sarah Coventry (サラ・コベントリー)

サラコベントリーはEmmonsの創業者でもあるCharles Stuartの孫娘Sarah Ann Coventryの名前をとり1949年にCharles H. Stuart Co.としてニューヨークで創業、ホームパーティーなどに出向き直接商品を販売し事業を広げ成功を収めましたが時代の波には勝てず1984年に営業を終了、1987年に会社は買収されました。