イギリスで入手した鹿とマーカサイトの銀製バーブローチです。
アーモンド型の銅板に上を向いた鹿の透かし彫りをほどこし、その周りのフレームを小さなドットとマーカサイトで装飾したひと品、マーカサイトは通常接着剤でセッティングされていますが、このブローチのマーカサイトはとても小さな爪でとめられていて、その卓越したクラフトマンシップも魅力の一つです。なお古いアイテムのためピンのキャッチは回転式ではなくC型です。大きさは約55mm×19mm、重さ4,5g、コンディションは多少の経年感はありますがヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度、裏に800という刻印が入っています。ヨーロッパ製のヴィンテージシルバーアイテムでは925(スターリング・シルバー)より硬度が高く細かく複雑な加工ができる800を使用しているアイテムも流通しています。
マーカサイト(マルカジット)はダイヤモンドのように輝くため、イギリスでヴィクトリア時代に流行しました。