トリファリ製、S字型のパーツを連ねたリンクチェーンブレスレットです。
シンプルながらトリファリらしいエレガントな表情を醸しだしているデザイン特許を取得しているひと品、中央を高くした山型のフォルムは光と影の陰影がきわだち、手元をエレガントに演出します。特許番号や取得年月日などの詳細は不明ですがよく似たデザインのネックレスは1953年8月に取得しているためその前後の作品だと思われます。ブレスレットの長さは約18,5兔鼎25,0g、コンディションは裏側のメッキに小さなメッキロス、その他多少の経年感はありますがヴィンテージとしてはご使用には問題のない程度だと思います。クラスプにTRIFARIとPAT.PEND.の刻印があります。


Trifari (トリファリ)

トリファリは1918年にグスタボ・トリファリ氏とレオ・クラウスマン氏によりTrifari and Krussman Companyとして創業、1925年にカール・フィシェル氏が加わり会社名をTrifari Krussman and Fishel に変更しました。1930年から68年までは高級有名宝飾店ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたアルフレッド・フィリップ氏がヘッドデザイナーとして活躍、クオリティーの高い作品を生み出し、アメリカでも有数のメーカーに成長しました。優美な曲線を多用した上品でエレガントなデザインは現在でも変わらない魅力で輝いています。