サラ・コベントリー製、「ホワイト・ヴェルヴェット」というタイトルがついた1971年に販売されたイヤリングです。
厚みのあるホワイトのリーフ型モチーフをくりぬき、ゴールドの飾りをはめ込んだ凝ったディテールが印象的、ヴェルヴェットのような艶やかな質感とぷっくりとしたボリューム感がキャッチー、カジュアルコーディの耳元を爽やかに演出します。イヤリングの大きさは約23mm×35mm、重さ各9,1g、コンディションはほぼ未使用と思われますがフロント部分の金メッキに近くでよく見ると2か所小さなロスがあります。またこのイヤリングは左右対称で一組となっていますが右側のみの2個セットになっているためセールプライスです。それをふまえればヴィンテージとしてのご使用には差し支えはありません。裏にSARAH COVの刻印があります。


Sarah Coventry (サラ・コヴェントリー)

サラ・コヴェントリーはEmmonsの創業者でもあるCharles Stuartの孫娘Sarah Ann Coventryの名前をとり1949年にCharles H. Stuart Co.としてニューヨークで創業、ホームパーティーなどに出向き直接商品を販売し事業を広げ成功を収めましたが時代の波には勝てず1984年に営業を終了、1987年に会社は買収されました。