サラ・コベントリーから1960年に販売された「ヴォーグ」というネーミングのキャチーでモードな金色リボンのイヤリングです。
このイヤリングの特徴はその圧巻な大きさ!当店で取り扱っているイヤリングの中でも最大級のインパクトがあるサイズです。リボンにはラウンド型と長方形のラインストーンがカーブを描いたスクウェアーのバーの先端に配され華やかな輝きを演出、ゴージャスな雰囲気が漂うひと品です。遊び心いっぱいのパワフル小物を味方にファッションを楽しみましょう。大きさは約45mm×65mm、重さ各16,2g、コンディションは多少の経年感はありますが、ヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度、裏にSARAHCOVの刻印が入っています。


Sarah Coventry (サラ・コヴェントリー)

サラ・コヴェントリーはEmmonsの創業者でもあるCharles Stuartの孫娘Sarah Ann Coventryの名前をとり1949年にCharles H. Stuart Co.としてニューヨークで創業、ホームパーティーなどに出向き直接商品を販売し事業を広げ成功を収めましたが時代の波には勝てず1984年に営業を終了、1987年に会社は買収されました。