トリファリ製、ゴールドカラーのS字型リンクを連ねたデザイン特許を取得しているチェーンネックレスです。
シンプルなフォルムながらトリファリらしい美しい曲線が際立ち、コーディネイトをさりげなく引き締めます。パテントナンバーは170135、1953年8月04日に取得しています。ネックレスの長さは約32cmから44僂隆屬把汗芦椎宗▲灰鵐妊ションは鍍金に経年感があり、ザラついている部分があります。またエックステンションのチェーンは後年付け替えられたものと思われるためバーゲンプライスになっています。なお鍍金は、はがれてはいないため近くで見ないとわかりにくく、鍍金の状態をご理解いただければご使用は問題はないと思います。フック部分にTRIFARIとPAT.PENDの刻印があります。


Trifari (トリファリ)

トリファリは1918年にグスタボ・トリファリ氏とレオ・クラウスマン氏によりTrifari and Krussman Companyとして創業、1925年にカール・フィシェル氏が加わり会社名をTrifari Krussman and Fishel に変更しました。1930年から68年までは高級有名宝飾店ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたアルフレッド・フィリップ氏がヘッドデザイナーとして活躍、クオリティーの高い作品を生み出し、アメリカでも有数のメーカーに成長しました。優美な曲線を多用した上品でエレガントなデザインは現在でも変わらない魅力で輝いています。