トリファリ製、小粒なパールを使ったボタニカルモチーフのイヤリングです。
4枚の金色リーフの下に小粒のパールとラインストーンを配したトリファリらしいオーセンティックなデザインのひと品はエレガントかつフェミニンなアトモスフェアーを放ち耳元を品よく演出、いつものスタイルからフォーマルなシーンまで幅広くご利用できるタイムレスなアイテムです。一番大きなパールの大きさは約4mm、全体の大きさは約23mm×18mm、重さ各4,6g、コンディションは多少の経年感はありますがヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度だと思います。クラスプにTRIFARIの刻印があります。


Trifari (トリファリ)

トリファリは1918年にグスタボ・トリファリ氏とレオ・クラウスマン氏によりTrifari and Krussman Companyとして創業、1925年にカール・フィシェル氏が加わり会社名をTrifari Krussman and Fishel に変更しました。1930年から68年までは高級有名宝飾店ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたアルフレッド・フィリップ氏がヘッドデザイナーとして活躍、クオリティーの高い作品を生み出し、アメリカでも有数のメーカーに成長しました。優美な曲線を多用した上品でエレガントなデザインは現在でも変わらない魅力で輝いています。