ゴールデット・チャームが付いたトリプルチェーンネックレス

n33762

ゴールデット製、チャームが付いたトリプルチェーンのネックレスです。
長さの違う3本のチェーンの一番短い連には女性の横顔の浮彫があるチャーム、次の連にはラピスラズリ色の深いブルーの球が配されたクラシカルな模様で装飾されたチャームを飾り、さり気なくも凝ったディテールが織り込まれたひと品は比較的シンプルなデザインのためスタイリングにも合わせやすく、いつもの装いにアンティークなテイストを添えます。チェーンの長さは一番短い連が約51僉一番長い連が73僉⊇鼎橘21,5g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。クラスプにGoldette NYの刻印があります。


Goldette (ゴールデット)

Ben Gartnerが1958年にニューヨークでThe Circle Jewerly Products Company を設立しゴールデットのブランド名で営業を開始しました。デザインはイギリスのビクトリア時代や東洋の影響を受けています。会社は1977年頃にクローズしました。