コロ製、レトロキュートなお花のイヤリングです。
金色の縁どりのある白いお花の中央に赤いピーズを飾った一目見てもアイキャッチーデザインはアメリカンヴィンテージらしい明るくラブリーな雰囲気を放っています。ポップアートのような鮮やかさと大きめサイズも魅力的、ミッドセンチュリー風のハッピーなスタイリングにもベストマッチするフォトジェニックなひと品です。ホワイトプレートのエッジにゴールドの枠をつけたデザインはミッドセンチュリーに流行しトリファリなどもいろいろなパターンで販売していました。赤いビーズの大きさは6mm、イヤリングの大きさは直径約35mm、重さ各6,0g、コンディションは裏側に糊のはみ出しなどありますが外観には影響はありません。その他多少の経年感はありますがヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度だと思います。裏にCoroの刻印があります。


Coro (コロ)

米国有数のジュエリーメーカーとて隆盛を極め一時代を築き上げたコロは、1901年にニューヨークでEmanuel Cohn氏とCarl Rosenberger氏によりCohn & Rosenbergerとして創業し1943年に創立者の頭文字をとり会社名を正式にCOROと変更しました。1924年にAdolph Katz氏がデザインディレクターに就任するとさらなる飛躍が始まり、彼が手掛けた作品は現在でもコレクターズアイテムとして高く評価されています。コロ社のブランドはコロの他にコロクラフト、コロぺガサス、コロスターリング、コロデュエット、ヴァンドーム、フランソワなどがあります。