コロ製、ノスタルジックな色彩が印象的なネックレスです。
ミッドセンチュリーに流行していた四角いルーサイトを連ねたひと品、通常ルーサイトは単色ですが、このネックレスに使用しているルーサイトは透明やブラック、ゴールドのモチーフを混ぜ大理石風な雰囲気に仕上げてあるレアなスタイル、ルーサイトはリーフで飾られたゴールドカラーの枠で装飾され、そのデザインと落ち着いた色彩はレトロなアトモスフェアーを放ち、大人の女性にもお勧めできるアイテムです。ルーサイトの大きさは10mm×20mm、厚さ4mm、ネックレスの長さは約32僂ら42僂隆屬把汗芦椎宗⊇鼎37,5g、コンディションは多少の経年感はありますがヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。フックにCOROの刻印があります。


Coro (コロ)

米国有数のジュエリーメーカーとて隆盛を極め一時代を築き上げたコロは、1901年にニューヨークでEmanuel Cohn氏とCarl Rosenberger氏によりCohn & Rosenbergerとして創業し1943年に創立者の頭文字をとり会社名を正式にCOROと変更しました。1924年にAdolph Katz氏がデザインディレクターに就任するとさらなる飛躍が始まり、彼が手掛けた作品は現在でもコレクターズアイテムとして高く評価されています。コロ社のブランドはコロの他にコロクラフト、コロぺガサス、コロスターリング、コロデュエット、ヴァンドーム、フランソワなどがあります。