トリファリ製、クラシカルなアトモスフィアーを放つネックレスです。
先端を丸めた2本のゴールドバーを中央で合わせ、その下にマーキスカットとラウンド型のラインストーンをバランスよく並べたフェミニンでエレガントなシルエットの美しさが目を引くひと品はデコルテラインに上品な煌きを添えます。デザイン特許の刻印はありませんが全体のクオリティーやメッキの色からしてアルフレッド・フィリップが活躍していた1950年代のアイテムと思われます。ネックレスの長さは約41,5cm、重さ約34,5g、コンディションは多少の経年感はありますがヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。クラスプにTRIFARIの刻印があります。


Trifari (トリファリ)

トリファリは1918年にグスタボ・トリファリ氏とレオ・クラウスマン氏によりTrifari and Krussman Companyとして創業、1925年にカール・フィシェル氏が加わり会社名をTrifari Krussman and Fishel に変更しました。1930年から68年までは高級有名宝飾店ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたアルフレッド・フィリップ氏がヘッドデザイナーとして活躍、クオリティーの高い作品を生み出し、アメリカでも有数のメーカーに成長しました。優美な曲線を多用した上品でエレガントなデザインは現在でも変わらない魅力で輝いています。