トリファリ製、優美な金色リーフのセータークリップです。
カーディガンの前を留めたり、襟などに挟みクリップアクセサリーとして使うセータークリップ、リーフには取り外し可能なチェーンが付き、アイデア次第でいろいろな使い方が楽しめます。トリファリらしいオーセンティックなデザインのリーフに飾られたラインストーンは虫の形になっていて遊び心と洒落たエスプリが感じられるひと品、細部まで丁寧に作られているリーフは写実的に表現され全体的にはエレガントに着地しています。虫の大きさは約8mm×10mm、セータークリップの大きさは約25mm×26mm、重さ各8,5g、チェーンの長さは18cm、全体の重さは25,1g、コンディションは片方のクリップの突起が少しへこみ、クリップ部分にも少し隙間があります。これは意図しているものか、以前の持ち主が加工したものか不明です。また突起があるクリップには台の裏側に突起を受ける穴が2個あいています。それをふまえればその他多少の経年感はありますがヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度だと思います。クリップの裏にTRIFARIの刻印があります。クリップは先がとがっているので薄いものやデリケートな素材などは生地を傷つける恐れがあります。ご使用の際は気を付けてください。


Trifari (トリファリ)

トリファリは1918年にグスタボ・トリファリ氏とレオ・クラウスマン氏によりTrifari and Krussman Companyとして創業、1925年にカール・フィシェル氏が加わり会社名をTrifari Krussman and Fishel に変更しました。1930年から68年までは高級有名宝飾店ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたアルフレッド・フィリップ氏がヘッドデザイナーとして活躍、クオリティーの高い作品を生み出し、アメリカでも有数のメーカーに成長しました。優美な曲線を多用した上品でエレガントなデザインは現在でも変わらない魅力で輝いています。