トリファリ製、白いお花が動きに合わせスイングするブローチです。
ミッドセンチュリーのトリファリが繰り返し使ってきたミルクガラスに金の縁どりをしたデザイン、このブローチは掲載されていませんが1951年のトリファリの広告に「ファッション・ブロッサムズ」というタイトルで掲載されていたシリーズのひとつでいろいろなパターンのネックレス、ブレスレット、イヤリング、ブローチがラインアップされていました。50年代の魅力を落とし込んだレトロモダンな雰囲気とフェミニンな可愛らしさ、トリファリらしい上品でエレガントな表情がミックスしたモードなアイテムです。ブローチの大きさは約60mm×36mm、重さは13,0g、コンディションは鍍金に経年感はありますが外観には大きく影響していない程度だと思います。それをふまえればヴィンテージとしてのご使用には差し支えがありません。裏にTRIFARIの刻印があります。


Trifari (トリファリ)

トリファリは1918年にグスタボ・トリファリ氏とレオ・クラウスマン氏によりTrifari and Krussman Companyとして創業、1925年にカール・フィシェル氏が加わり会社名をTrifari Krussman and Fishel に変更しました。1930年から68年までは高級有名宝飾店ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたアルフレッド・フィリップ氏がヘッドデザイナーとして活躍、クオリティーの高い作品を生み出し、アメリカでも有数のメーカーに成長しました。優美な曲線を多用した上品でエレガントなデザインは現在でも変わらない魅力で輝いています。