トリファリ製、レトロモダンなアトモスフェアーを放っているキャチーなスイングスタイルのイヤリングです。
都会的で上品なフォルムのイヤリングは気取らずそれでいて洗練されたシルエットが魅力的、ゴールドと薄いベージュの組み合わせもエレガント、動きに合わせ耳元で揺れスタイリングをモードにアップデートさせるお洒落なアイテムです。大きさは約24mm×37mm、重さ各7,5g、コンディションはパーツの連列部分に多少のメッキロス、その他多少の経年感はありますがそれをふまえればヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。イヤリングの裏とクリップにTRIFARIの刻印があります。


Trifari (トリファリ)

トリファリは1918年にグスタボ・トリファリ氏とレオ・クラウスマン氏によりTrifari and Krussman Companyとして創業、1925年にカール・フィシェル氏が加わり会社名をTrifari Krussman and Fishel に変更しました。1930年から68年までは高級有名宝飾店ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたアルフレッド・フィリップ氏がヘッドデザイナーとして活躍、クオリティーの高い作品を生み出し、アメリカでも有数のメーカーに成長しました。優美な曲線を多用した上品でエレガントなデザインは現在でも変わらない魅力で輝いています。