クレーマー製、小さな青いお花のイヤリングです。
センターにラインストーンを飾り輝きのアクセントをつけた少し大きめのお花を中央に、その周りを2重に小さなお花を配しドーム型にした可愛らしいアイテム、ガーリーなディテールを盛り込みながらもエレガントに着地したデザインは大人の女性にもお勧めでき、耳元に明るく華やかな彩りを加えます。一番大きなお花は直径11mm、全体の大きさは直径23mm、重さ各4,3g、コンディションはブルーのペイントにロスがある部分がありますが見栄えには大きな影響はないかと思います。それをふまえればその他多少の経年感はありますが、ヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。クリップにKRAMERの刻印が入っています。


Kramer (クレーマー)

クレーマーは1943年Louis Kramer氏によりニューヨークで創業し、のちに兄弟のMorrisとHarry が加わりました。1950年代にゴールデンルック、1960年代にダイヤモンドルックを提案し、グラマラスなアクセサリーラインをヒットさせ、常に時代の先端を行くトレンドカンパニーとなりましたが、1979年あるいは1980年にその輝かしい歴史を閉じました。1950年から57年までChristian Diorのアクセサリーを担当した事でも有名です。