サラ・コベントリーから1967年に「ストロベリー・フェスティバル」というタイトルで発売されたガラス製苺のイヤリングです。
人気の高いオーストリア製のフルーツガラスシリーズと同等のクウォリティーがある、赤いフロスティーガラス製ストロベリーのイヤリングは光のあたる加減により色彩が幻想的に変化し、ずっと眺めていたくなるほど素敵なアイテム、耳元に大人可愛い雰囲気が添えらえます。イヤリングの大きさは約19mm×23mm、重さ各9,3g、コンディションは鍍金に多少の経年感はありますがヴィンテージとしてご使用には差し支えがない程度だと思います。クリップにSARAHCOVの刻印があります。


Sarah Coventry (サラ・コヴェントリー)

サラ・コヴェントリーはEmmonsの創業者でもあるCharles Stuartの孫娘Sarah Ann Coventryの名前をとり1949年にCharles H. Stuart Co.としてニューヨークで創業、ホームパーティーなどに出向き直接商品を販売し事業を広げ成功を収めましたが時代の波には勝てず1984年に営業を終了、1987年に会社は買収されました。