クレメンツ製、小さな金色のハチドリのブローチです。
ホバリングして花の蜜を吸うハチドリの特徴を上手に表現したひと品、瞳は小さなラインストーン、胴体には細かいライン模様を刻みマットゴールドにし、翼と尾くちばしを光沢仕上げをほどこし立体感を際立たせています。お花の作品が多いクレメンツですが、この鳥も同様に上品でエレガントな雰囲気を醸し出しています。大きさは57mm×42mm、重さ8,0g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えがありません。ブローチピン部分に小さくKREMENTZの刻印があります。


Krementz (クレメンツ)

クレメンツはGeorge Krementzにより紳士用アクセサリー(カフスボタン、ネクタイピン等)の会社として1866年に創業、その後婦人用アクセサリーに進出し、14金鍍金を施したトラディッショナルでエレガントな作風で成功を収めました。会社は1997年に別会社に売られ創業者一族はRichard Krementz Gemstonesを設立しましたが社長のリチャードが2012年に亡くなりクレメンツファミリーは150年近く続いたアクセサリービジネスを終了しました。