トリファリ製、取り外しができるラピス色カボションのリングです。
アーティスティックな金色の透かし模様から見える濃紺のカボションが手元に品のよい彩りをプラスするアイテム、その日の気分によりカボションを外して何か違うものを入れて楽しむのはいかがでしょうか。なおこの指輪は中に入っているカボションが何色かセットで取り換えできるアイテムとして販売されていましたが今回ご紹介するリングはラピス色のカボションのみとなります。サイズはおおよそ13号、重さは14,2g、コンディションは多少の経年感はありますがヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度、リングには二か所TRIFARIの刻印が入っています。


Trifari (トリファリ)

トリファリは1918年にグスタボ・トリファリ氏とレオ・クラウスマン氏によりTrifari and Krussman Companyとして創業、1925年にカール・フィシェル氏が加わり会社名をTrifari Krussman and Fishel に変更しました。1930年から68年までは高級有名宝飾店ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたアルフレッド・フィリップ氏がヘッドデザイナーとして活躍、クオリティーの高い作品を生み出し、アメリカでも有数のメーカーに成長しました。優美な曲線を多用した上品でエレガントなデザインは現在でも変わらない魅力で輝いています。