スワボダ製、ホワイト珊瑚の薔薇のイヤリングです。
薔薇の蕾を中央にその両脇に天然石アヴェンチュリンのリーフを配した愛らしいアイテムは控えめなサイズもチャーミング、ガーリーなディテールを盛り込みながら天然素材が醸し出す存在感を放っています。蕾の大きさは約7mm×8mm、イヤリング全体の大きさは約17mm×14mm、重さ各3,6g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えない程度です。裏にSwobodaの刻印があります。


Swoboda (スワボダ)

ロサンゼルスで1956年にEdward Swoboda氏により設立されたスワボダのデザインはヴィクトリアンやオリエンタルの影響を受け、コスチュームジュエリーメーカーには珍しい半貴石を使って作られています。Edwardは1979年に引退し、Nate Waxman氏により運営されています。1966年以前の作品には刻印は入っていません。