コロ・デュエット製、ラインストーンが煌くペアの青い鸚鵡のブローチです。
ピンクとブルーの小さなお花が咲いている枝にとまった鸚鵡は胴体をラインストーンで飾り羽根や尾をエナメルでハンドペイントされています。クラフツマンシップを存分に発揮した凝ったディテールと細部にまで散りばめたこだわりが感じられる鸚鵡は赤い瞳がチャームポイントの逸品です。デザイン特許は1941年4月8日取得、番号は126490です。ブローチの全体の大きさは約54mm×87mm、重さ47,5g、コンディションはよく見ると小さなメッキロスはありますがほとんど気が付かない程度、ほぼ未使用と思われヴィンテージのエナメルアイテムとしてはご使用見栄えともに差し支えがない程度です。オウムをクリップに入れるときは右側の鳥から挿入してください。留め金具部分にフレームのデザイン特許ナンバーPAT.NO.1798867とCoro Duetteの刻印があります。
なおドレスクリップの金具は先がとがっていますので、開け閉めの際はご注意ください。またドレス(ファー)クリップとしてご利用の際は生地によってはダメージを受ける可能性もありますので自己判断でご使用ください。
コロ・デュエットは、数あるコロ社のブランドの中でもそのクウォリティーと凝ったディディテールでコレクターに人気が高くデュエットの名の通りペアのドレス(ファー)クリップを専用の金具でつなげ、ひとつのブローチとしてもご利用できるコレクターにも人気のシリーズです。


Coro (コロ)

米国有数のジュエリーメーカーとて隆盛を極め一時代を築き上げたコロは、1901年にニューヨークでEmanuel Cohn氏とCarl Rosenberger氏によりCohn & Rosenbergerとして創業し1943年に創立者の頭文字をとり会社名を正式にCOROと変更しました。1924年にAdolph Katz氏がデザインディレクターに就任するとさらなる飛躍が始まり、彼が手掛けた作品は現在でもコレクターズアイテムとして高く評価されています。コロ社のブランドはコロの他にコロクラフト、コロぺガサス、コロスターリング、コロデュエット、ヴァンドーム、フランソワなどがあります。