スワボダ製、オーバル型のモスグリーンの天然石イヤリングです。
ロープ模様の飾りがあるゴールドの縁どりの中に天然石のアヴェンチュリンを配したシンプルシックなアイテム、本物の醸し出すリラクシングな雰囲気としっかりとした存在感が魅力的、またクラシカルな佇まいは耳元を品よく盛り上げます。イヤリングの大きさは約23mm×28mm、重さは各7,0g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えない程度です。クリップにSwobodaの刻印が入っています。


Swoboda (スワボダ)

ロサンゼルスで1956年にEdward Swoboda氏により設立されたスワボダのデザインはヴィクトリアンやオリエンタルの影響を受け、コスチュームジュエリーメーカーには珍しい半貴石を使って作られています。Edwardは1979年に引退し、Nate Waxman氏により運営されています。1966年以前の作品には刻印は入っていません。