サラ・コベントリー製、1964年に販売された「サテン・ペタルス」サテンの花びらというネーミングのフラワーイヤリングです。
存在感のある金色の大きな花はトップのレイヤーの花びらに細かい線模様を刻みサテンのような柔らかい雰囲気を演出、下のレイヤーの花びらは光沢仕上げにし立体感を醸し出しています。いつものスタイリングをぐっとおしゃれに格上げしてくれるイヤリングは耳元をモダンでフェミニンな印象を演出します。お花の大きさは直径34mm、重さは各12,8g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。裏にSARAH COVの刻印と金具に対するデザイン特許PAT.PEND.の刻印が入っています。


Sarah Coventry (サラ・コヴェントリー)

サラ・コヴェントリーはEmmonsの創業者でもあるCharles Stuartの孫娘Sarah Ann Coventryの名前をとり1949年にCharles H. Stuart Co.としてニューヨークで創業、ホームパーティーなどに出向き直接商品を販売し事業を広げ成功を収めましたが時代の波には勝てず1984年に営業を終了、1987年に会社は買収されました。