トリファリ製、アスターのような金色のお花とリーフのブローチです。
ポンと咲いたような愛らしいお花の花びらは光沢メッキと細いラインを刻んだマットな鍍金の2種類を使い、光の当たり方によりそれぞれ微妙なニュアンスを醸し出し、その繊細さがとてもエレガント、シックなコーディネイトに映えるデザインがアイキャッチーです。お花の大きさは直径約35mm、全体の大きさは約35mm×54mm、重さ18,7g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。裏にTRIFARIの刻印が入っています。


Trifari (トリファリ)

トリファリは1918年にグスタボ・トリファリ氏とレオ・クラウスマン氏によりTrifari and Krussman Companyとして創業、1925年にカール・フィシェル氏が加わり会社名をTrifari Krussman and Fishel に変更しました。1930年から68年までは高級有名宝飾店ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたアルフレッド・フィリップ氏がヘッドデザイナーとして活躍、クオリティーの高い作品を生み出し、アメリカでも有数のメーカーに成長しました。優美な曲線を多用した上品でエレガントなデザインは現在でも変わらない魅力で輝いています。