スワボダ製、天然石の蝶のブローチです。
翡翠のようなグリーンの天然石アベンチュリンの羽根には繊細な模様が刻まれ、触覚の先端に配したドットが可愛らしいポイント、小さめなサイズのためコーディネイトは選ばず多彩なシーンでご利用でき装いのチャーミングなワンポイントとしてお勧めします。大きさは33mm×27mm、重さ6,6g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。裏にSWOBODAの刻印が入っています。


Swoboda (スワボダ)

ロサンゼルスで1956年にEdward Swoboda氏により設立されたスワボダのデザインはヴィクトリアンやオリエンタルの影響を受け、コスチュームジュエリーメーカーには珍しい半貴石を使って作られています。Edwardは1979年に引退し、Nate Waxman氏により運営されています。1966年以前の作品には刻印は入っていません。