サラ・コベントリー製1970年に発売された「デリシャス」というネーミングがついた林檎のイヤリングです。
タイトルの通り艶々として美味しそうな林檎は表面にオーロラ加工をほどこし見る角度により変化する色彩と煌きはミステリアス、まさに禁断の果実です。林檎モチーフはガーリーになりがちですがこのイヤリングは大人の女性の耳元にもすっと溶け込みお洒落なテイストを添えます。大きさは約22mm×34mm、重さ各11,3g、箱はありませんがインナーの黒い台付きコンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてご使用には差し支えがない程度です。金具にSARAHCOVの刻印が入っています。


Sarah Coventry (サラ・コヴェントリー)

サラ・コヴェントリーはEmmonsの創業者でもあるCharles Stuartの孫娘Sarah Ann Coventryの名前をとり1949年にCharles H. Stuart Co.としてニューヨークで創業、ホームパーティーなどに出向き直接商品を販売し事業を広げ成功を収めましたが時代の波には勝てず1984年う。に営業を終了、1987年に会社は買収されました。