スワボダ製、大人可愛い天然石のお花のイヤリングですです。
センターは赤珊瑚、花びらはホワイトジェイド、リーフにはラインが刻まれたアヴェンチュリンを使用し小さなお花を作ったチャーミングなアイテム、上品ながらも乙女心をくすぐるキュートなデザインが魅力的です。大きさは約18mm×19mm、重さは各4,2g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えない程度です。クリップにSwobodaの刻印が入っています。


Swoboda (スワボダ)

ロサンゼルスで1956年にEdward Swoboda氏により設立されたスワボダのデザインはヴィクトリアンやオリエンタルの影響を受け、コスチュームジュエリーメーカーには珍しい半貴石を使って作られています。Edwardは1979年に引退し、Nate Waxman氏により運営されています。1966年以前の作品には刻印は入っていません。