スワボダ製、珊瑚のお魚が海草の中を泳いでいるかのような海中シーンのブローチです。
表情やウロコまで丁寧に表現されている白珊瑚のお魚はエラの部分のほんのりとしたピンク色がチャームポイント、天然石のアベンチュリンはラインを刻み海草を模しユラユラと揺れている雰囲気を演出、小さなフェイクパールで泡を表現し海底には赤珊瑚を配したデザインがキャッチー、眺めているだけでリラクシングな気分になれる素敵なひと品はお花や鳥のモチーフが多いスワボダとしてはレアなアイテムです。ブローチの大きさは約28mm×43mm、重さ8.7g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えない程度です。海草の横にSWO.INC.の刻印が入っています。


Swoboda (スワボダ)

ロサンゼルスで1956年にEdward Swoboda氏により設立されたスワボダのデザインはヴィクトリアンやオリエンタルの影響を受け、コスチュームジュエリーメーカーには珍しい半貴石を使って作られています。Edwardは1979年に引退し、Nate Waxman氏により運営されています。1966年以前の作品には刻印は入っていません。