クレメンツ製、小さな二輪のお花とリーフのイヤリングです。
花びらに4粒のラウンド型ラインストーンを配し、お花それぞれにリーフを二枚添えたミニマムシックで清楚な雰囲気が魅力的、シーンや装いを選ばないデザインもポイントが高く、耳元にさりげなくフラワーモチーフを取り入れたお洒落を楽しめます。お花の大きさは直径6mm、イヤリング全体の大きさは約15mm×22mm、重さ各1,7g、コンディションは多少の経年感はありますが、ほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。イヤリング金具の横に小さくKREMENTZの刻印が入っています。


Krementz (クレメンツ)

クレメンツはGeorge Krementzにより紳士用アクセサリー(カフスボタン、ネクタイピン等)の会社として1866年に創業、その後婦人用アクセサリーに進出し、14金鍍金を施したトラディッショナルでエレガントな作風で成功を収めました。会社は1997年に別会社に売られ創業者一族はRichard Krementz Gemstonesを設立しましたが社長のリチャードが2012年に亡くなりクレメンツファミリーは150年近く続いたアクセサリービジネスを終了しました。