トリファリ製、人気が高いプティサイズシリーズの金色の林檎のブローチです。
小さなサイズながら写実的に表現された林檎はぷっくりとしたフォルムがラブリー、トリファリらしい繊細なラインが刻まれ林檎のつやつやした表情を上手にとらえています。小さめサイズは装いにも合わせやすくカジュアルコーデのさりげないアクセントとしておすすめします。このシリーズ林檎はリーフに葉脈がついているものと光沢仕上げの2種類ありますが、こちらは光沢仕上げになっています。大きさは約20mm×25mm、重さ8,2g、コンディションはリーフの先が少し欠けているように見えるため値段に反映させました。その部分にもメッキが施されているため折れているわけではなく出荷時からの状態と思われますが近くでよく確認しなければわからない程度で外観には影響ありません。その他多少の経年感はありますがヴィンテージとしてのご使用には差し支えがない程度です。裏にTRIFARIの刻印が入っています。
トリファリのプティサイズのブローチシリーズは林檎、苺、キノコ、花などのいろいろなパターンを金銀の2色展開で販売していました。


Trifari (トリファリ)

トリファリは1918年にグスタボ・トリファリ氏とレオ・クラウスマン氏によりTrifari and Krussman Companyとして創業、1925年にカール・フィシェル氏が加わり会社名をTrifari Krussman and Fishel に変更しました。1930年から68年までは高級有名宝飾店ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたアルフレッド・フィリップ氏がヘッドデザイナーとして活躍、クオリティーの高い作品を生み出し、アメリカでも有数のメーカーに成長しました。優美な曲線を多用した上品でエレガントなデザインは現在でも変わらない魅力で輝いています。