アヴェンチュリンを贅沢に配したお花のブローチです。
ゴールドのブローチ台にグリーンの天然石アヴェンチュリンのチップをドーム型に並べお花を立体的に演出、お花のセンターには紫色の天然石アメジストの珠を飾り、同じくアヴェンチュリンのリーフ型の石を配した大人可愛いアイテム、シンプルな色彩はコーディネイトを選ばず、装いにさりげなくマッチ、また天然石が高級感を醸し出している素敵な1点です。お花の大きさは28mm、ブローチの大きさは約54mm×38mm、重さ12,3g、コンディションは多少の経年感はありますがほぼ未使用と思われヴィンテージとしてのご使用には差し支えない程度です。スワボダの刻印はありませんが、デザインおよびクウォリティーからスワボダ製と思われます。


Swoboda (スワボダ)

ロサンゼルスで1956年にEdward Swoboda氏により設立されたスヴォボダのデザインはヴィクトリアンやオリエンタルの影響を受け、コスチュームジュエリーメーカーには珍しい半貴石を使って作られています。Edwardは1979年に引退し、1985年までNate Waxman氏により運営されていました。1966年以前の作品には刻印は入っていません。